次女のしぃちゃんとアニモ(Animo)へ 小動物と触れ合う

こんにちは。 久々の更新です。 3人の子供たち、すくすく育っています。 自分は成長してないけど・・・。 12月は次女のしぃちゃんの誕生月です。 そう、パパと2人きりでデートをする権利が与えられるのです! 行ったのはアニモ(Animo)という、屋内動物園です。 感想や、そのあとのお食事など、記録していきます。

行き先決定

主

さあ、今年はどこに行こうか?

しぃちゃんしぃちゃん

あったかくて、楽しいところ!

主

お外はイヤなのね・・・ (ネット検索・・・) おっ! これなんかどう?

しぃちゃんしぃちゃん

なにこれー! ネコ? うさぎ? ハムスター! キャー

主

おいおい、テンション上がりすぎだろ・・・

しぃちゃんしぃちゃん

ココにする!

主

よし。じゃあ今回はここで決定な (めっちゃ近いし、ラクチン♪)

しぃちゃんしぃちゃん

楽しみー うふふ

とっくんとっくん

とっくんもー

主

とっくんはトミカ博に行ったでしょ

しぃちゃんしぃちゃん

そうだよ! 今回はしぃちゃんの番 あっち行け!

とっくんとっくん

うわーーーん!(泣)

主

あっち行けはやめてあげて・・・ とっくん、今度またいこうね

とっくんとっくん

いつ? あした?

主

いやいや、とっくんの誕生日は5月だから

しぃちゃんしぃちゃん

しつこいよ、とっくん! あっち行け!

とっくんとっくん

ぎゃーーーん(泣)

いつもにぎやかです。 こんな感じで行くところが決まりました。 我が家ではペットは飼っていません。 メダカとエビと巻貝は水槽にいますが、ペットとは呼べないですし。 ネコ派の嫁・子供と、イヌ派の私および私の両親の対立構造のなか、ペットを飼うまでには至っていません。 2世帯住宅ですし、いろいろと難しいのです。 嫁の実家にはネコが3匹います。 しぃちゃんはネコが大好きで、ずーっとネコとたわむれています。 ところが、しぃちゃんはアレルギー持ち。 嫁の実家にいると、目の周りが赤くなり、ボリボリ体のいたるところを掻きむしることになります。 これもネコを飼えない原因の一つ。 きちんと衛生管理された環境のネコなら大丈夫かな? そのほかにも室内で飼える動物がたくさんいるし、どうしても飼いたいときの参考にもなるかな? そんな感じで、アニモに行くことになりました。

アニモ(Animo)屋内動物園

大阪のアメリカ村付近にあります。 JRのほうが都合がいいので、JR難波から歩きました。 歩いて10分くらいです。 お店のFacebookがあったのでリンクを貼っておきます。 https://www.facebook.com/horie.animo/ ネコカフェ的な感じでしょうか。 ネコカフェに行ったことがないのでわかりませんが。 でも、開店11時の15分前に着いてしまいました。 子供と一緒だし、なにかと時間がかかると思って早めに動くのですが、いつも早くついてしまいます。 すぐ近くにパン屋さんがあったので、時間を潰します。 クリームパンがめちゃウマでした。 関係ないですね。 11時になりましたので、いざ、アニモの店内へ。 システムとしては、 入場料 600円(20分) 延長料 200円(10分ごと) フリーパス 1,500円(混雑時でも2時間保障) そのほか、おやつセットもありました。 フクロウのおやつは生肉のようで、そちらのセットは高めのお値段。 一番スタンダードなおやつセットを購入しました。 たしか、600円だったと思います。
主

20分だけがいい? それともずーっと?

しぃちゃんしぃちゃん

フリータイムがいい

主

だよねー (フリータイムってカラオケかよ!)

しぃちゃんしぃちゃん

あと、おやつ、あげる

主

そうかー そうだよなー わかった。フクロウさんのおやつはどうする?

しぃちゃんしぃちゃん

は? (室内のネコが気になり、話を聞かなくなる)

主

いや、は? じゃなくて って聞いてる?

しぃちゃんしぃちゃん

・・・ (ネコに夢中で返事をしない)

主

じゃあ、フリーパス2人と おやつはスタンダードのやつで

受付のお姉さんに注文し、フリーパスとおやつセットをもらいます。 もう、扉の向こうが気になって、居ても立っても居られない状態。 そんなウキウキなしぃちゃんを見ていると、こっちが幸せな気分になるのだから不思議です。 中に入ると靴を脱ぎます。 荷物置き場も棚の高いところにありました。 おやつ3種類の説明を受けたり、注意点とかも。 最初に思ったのは、スタッフの対応が素晴らしいってこと。 気配りも行き届いているし、動物たちの知識も豊富。 本当に動物が好きなんだろうなーって思います。 動物のお世話って、きれいごとばっかりじゃないですしね。 スタッフになるくらいだから当たり前かもしれませんが、子供に対する接し方も含め、とても気持ちのいい時間を過ごせます。 おやつをあげるしぃちゃん。 モルモットとうさぎたちはいっしょの場所に。 モルモットがおやつをガツガツ食べるもんで、ウサギはすねてるのかあまり寄ってきてくれません。。。 デグーっていうやつ。 ジャンプ力がすごい。 手で直におやつをあげるしぃちゃんもすごい。 パンダマウス。 めっちゃ小さい。 へび。 平気で触るしぃちゃん。ちょっとかっこいい。 フクロウを触る。 怖くないらしい。 一番はやっぱりネコ! ずーっと追いかけていました。 フリープランに付いてくる指名抱っこ券、1枚はネコに使うことに。 しかし、じっとしているわけはなく、すぐにどこかに行ってしまいました。 もう1枚の抱っこ券(パパの分だけど)は、ハリネズミに使います。 そのほかにも、 インコは手や頭にのせてもらって、嫌がるかと思いきやチョーご機嫌。変な子。 モモンガは、スタッフの方が持っているポーチの中から出してもらって少しだけ触ることができました。 パンダマウスがいる部屋には、いろいろな種類のハムスターもいました。 そーっと持ち上げてハムスターにすりすりしているしぃちゃん。 とても幸せそう。 しかし、 ウーパールーパーにはまったく興味なし。 チンチラは、へーって素通り。 大きなトカゲは、恐るおそる触るものの、一瞬で興味を失いました。 じっくり、一通り見た感じで、すでに2時間が経過。 ほとんどの人は20分から30分の滞在時間でしたので、私たち2人を除いてどんどん入れ替わっていきます。
主

ねえ、しぃちゃん。 そろそろ、おなかすかない?

しぃちゃんしぃちゃん

うん。おなかすいた でも、クリームパン食べたし大丈夫

主

(おっ! 察したか?) でも、そろそろ・・・

しぃちゃんしぃちゃん

あー、ハムスター見てくる!

主

逃げた! 帰ろうって言わせない気だな!

しぃちゃんしぃちゃん

まだ帰らないもん!

主

わかったよ・・・

次女だからでしょうか。空気を読める子です。 今日はパパが言いなりってこともわかっているので、わがままモード全開です。
主

じゃあ、ネコのおやつ、追加しちゃう?

しぃちゃんしぃちゃん

いいの? やったー!!

主

じゃあ、お姉さんに『ネコのおやつください』って自分で言える?

しぃちゃんしぃちゃん

えー!? なんで? パパが言えばいいじゃん!

主

そうなの? おやつをあげるのはしぃちゃんでしょ? パパがあげていい?

しぃちゃんしぃちゃん

ダメ 早くお姉さんに言ってよね

主

はい。わかりました。

まあ、そんな感じで、ネコのおやつ300円をお買い上げ。 これだけ喜んでくれたら安いもんですけどね。 結局、アニモ(Animo)を出たのは2時半くらい。 開店とほぼ同時に入ったので、3時間半の滞在となりました。 二人分のフリーパス3000円と、おやつが600+300円の900円 3,900円で半日遊べて、しぃちゃんがとても満足している。 その笑顔で十分おつりが来ますよ。(親バカ満開) 普通はもう少し滞在時間が短くて済むはずですので、ご参考まで。

ちょっと遅い昼食

近くの川沿いのレストラン。 ムーラン MOULiN  パスタとか言ってたくせに、メニューを見たらお肉が食べたくなったみたい。 でもステーキ肉が、しぃちゃんには噛み切れず・・・。 私が頼んだビーフシチューみたいな煮込み料理のほうを食べました。 自分が食べたいものではなく、ステーキが食べれない時のことを考えて、しぃちゃんが食べられそうなものを注文しています。 そういう習慣が染みついていますね。 しかし、よく食べます。 セットでついていたパンも完食。 さらにデザートの追加をおねだり。 もちろんオッケー! いやあ、笑顔が最高。

道頓堀を通って帰路へ

この、パパ独占イベントに欠かせないもの。 それは残された2人の姉弟へのプレゼントです。 もしプレゼントがなかったら、残された二人は泣きわめくでしょうね。 というわけで、通称ひっかけ橋から道頓堀を渡り、観光客だらけのお土産屋さんに。 そこで買ったのがドラえもんクッキー! 意味が分からない・・・。 そのほか、ケースがおしゃれな金平糖なども買い、御堂筋線のなんば駅へ。 あと、551の蓬莱で、豚まんとシュウマイも買わされましたとさ。
主

どう? 楽しかった?

しぃちゃんしぃちゃん

うん。 ありがとう!

主

しぃちゃんはしっかりありがとう言えるよねー よしよし(頭をなでようとする)

しぃちゃんしぃちゃん

そういうの、いいから

主

ガーン

家の外では、頭なでなでも許してくれない。 でも、おうちではまだまだ甘えん坊です。 いつまでこのパパ独占イベントが続くかは分からないけど、記録を残しておきます。 きっとくる、『パパ嫌い』っていう時期に、見せつけてやる! それでは、また。